第78回珠實会・国立小劇場 三代目五條珠實振付作品集(2017/11/27)

会員の峰村奈楪さん(五條左智緒さん)の出演する会に行く。

作品は「かりがね」。
粋な年増の恋模様を描いているそうですが、
(一説には大泥棒との恋?)、とにかく一つ一つの振りが、
日本人形のようで美しい形を次々と見せてくれます。
時間を忘れる舞台でした。

それからいつも善の快を応援してくださる五條敏喜緒さんの舞台。
粋な女船頭さんをかっこよく演じられました。
途中でなぜか雷様が天から落ちてきて、ふたりで色々面白い掛け合い。
粋だけど洒落た親しみのある舞台でした。

日本舞踊はやはり美しいですね。

お二人ともお疲れさまでした。

PS 一緒に行った会員のRさんのブーツの底が剥がれるというトラブルが!
 歩くたびに靴底がボロボロと崩れ落ちていき、とうとう最後は足袋のように
 足裏が地面を感じるまでになったそうです。
 靴も時々表に出して空気に当てないとこんなことになるそうです。
 (一緒に入ったレストランの担当の方も同じようなことがあったとのこと)

Follow me!